楽天イーグルスはキャッシュレスに!クレジットカード・電子マネーが必須

さて、いよいよプロ野球の開幕も間近となりました。我が楽天イーグルスもオープン戦の成績がなかなか良くて、ペナントレースに期待ができそうです!

そんな中、本拠地の楽天生命パークでは今シーズンから買い物に現金が使えなくなりますね。「どうやって支払いすればいいの?」「カード持ってないけど大丈夫?」と心配なファンも多いはずです。

そこで、楽天イーグルス・楽天生命パークのキャッシュレス化について、わかりやすく説明します。

楽天生命パークが非現金化(キャッシュレス化)!

今年の1月に楽天野球団が突如としてキャッシュレス化の導入を発表しました。その内容は、スタジアム内の全店舗でチケットや飲食、グッズ販売に現金での支払いが出来なくなるとのこと。

具体的に4月2日のホーム開幕戦から、買い物などの決済はスマホアプリ決済サービスの「楽天ペイ」、電子マネーの「楽天Edy(エディ)」、各種のクレジットカードに限定され、現金は一切使えなくなります

なぜ現金使えなくなるの?

非現金化(キャッシュレス化)にするメリットとしては、お金を支払う時間が短縮されることで、より試合に集中して観戦ができるとされます。確かに、フードやドリンクなど、行列に並んで時間がもったいないと感じてましたからね。

一方で、楽天生命パークでは昨シーズンの来場者の7割近くが現金で買い物をしていたそうですので、多くのファンが戸惑いを感じているでしょう。

スタジアム・球団の対応策は?

現金しか持っていない人などにつき、球団では次のような対策をとるそうです。

1)スタジアム内5箇所にサポートデスク(案内)を設置する
2)スタジアム内でEdy(エディ)カードの貸出や販売を行う
3)スタジアム内のEdyカードのチャージ機を現在の24台から100台(予定)に増設
4)年間シートのオーナーやファンクラブ会員(中学生以下)には限定デザインのEdyカードを郵送する

といった対策を考えているそうです。



消費税増税で日本のキャッシュレス化が進む?!

キャッシュレス化が進んでいく背景は、実は他にもあるんですね。
今年の10月から消費税が10%に増税されますが、景気後退への対応策として国がキャッシュレス化を推進しています。

具体的には、2019年10月から2020年の東京オリンピック開催までの9ヶ月間、中小の小売業でキャッシュレス決済すると、その金額の5%をポイントで還元するという制度が決定しています。

さらに、海外旅行をされる方はご存知でしょうが、諸外国では日本よりはるかにキャッシュレス化が進んでいます。

例えば、お隣の韓国ではキャッシュレス化が94.6%、イギリス68%、アメリカでも46%が非現金の決済となっています(日本は2016年段階で19.8%)。外国に行く機会があるなら、キャッシュレス決済の手段は持っていないと不便になっています。

また、日本でもキャッシュレス比率を2025年までに40%程度にする計画があります。これにより、外国人観光客を誘致を増やし、インバウンド消費を促すことを目的にしています。

つまり、現金を使わない傾向は日本でもどんどん加速していきそうです。いい機会だと思って、スマホアプリ決済や電子マネーを利用していきたいですね。

では、どうしたらいいの?

それでは、楽天イーグルスの観戦に行くのにどうしたらいのか?具体的にキャッシュレス化するには、いくつかの方法があります。

1)クレジットカードを使う(作る)
まず一般的なのはクレジットカードです。JCB・Masterカード・Visa・アメリカンエキスプレスなどを使う方法。決済はカードの読み取り端末にシュッと通す方式になります。

クレジットカードを使うメリットは、決済した金額に応じてポイントが貯まり、買い物に充当したり各種の特典などに利用できます。

支払った分の請求は、月に1度(翌月など)決まった決済日に銀行口座などで引き落としとなります。支払い方法も、1回払いのほか数回に分ける分割払い、リボ払いに対応しています。

クレジットカードを所有していて、期限切れなどでなければ楽天生命パークでカード払いができます。クレジットカードを持っていない方は、この際に新しく作ってもよいでしょう。

「楽天カード」なら年会費はずっと無料ですし、新規入会で5,000ポイントなどキャンペーンもやっています。(ポイントプレゼントはこちらで確認してください)

≫≫ 楽天カードの申し込みは簡単です。
※イーグルス特製デザインのカードも選べますよ!

2)電子マネー(楽天Edyなど)
電子マネーはお金を前払い(チャージ)して買い物に利用できるプリペイド式のマードです。

「楽天Edy(エディ)」のほか「WAON(ワオン)」、Suica(スイカ)icsca(イクスカ)PASMO(パスモ)といった交通機関が発行しているもの、nanaco(ナナコ)Tマネー(ツタヤ)などが有名です。

電子マネーは事前にチャージ(預けた)お金の分しか利用できませんので、無駄遣いしてしまう心配がありません。現金に近い感じですし、決済金額に応じてポイントが貯まります(だいたい買い物200円で1ポイントなど)。貯まったポイントでお買い物できたり、お得になるサービスです。

また、年齢は職業などに関係なく持つことができ、クレジットカードのように審査もありません。スマホアプリとして利用できるものもあり、携帯に便利な点もメリットです。

支払いの方法はカード(またはスマホの画面)をレジの端末にかざして決済するだけです。

デメリットとしては、チャージが不足していて支払えない!ということも。別に現金があればその場でチャージもできますが、残高は常に確認しておく必要があります。

3)QR(バーコード)決済
QR(バーコード)決済は事前にチャージしてその分だけ利用する方法(電子マネー的)や、銀行口座とチャージを連携させて自動で行う方法、スマホと連携させたり、クレジットカードと連携で利用分を決済するなど様々な方法に対応しています。

有名なところでは、年末に大キャンペーンをした「PayPay(ペイペイ)」や「楽天ペイ」「LINE Pay(ラインペイ)」「Amazon Pay(アマゾンペイ)」「Origami Pay(オリガミペイ)」など、どんどん増えています。

注意点としては、少し仕組みが複雑なので利用するサービスの特徴をよく理解することが大事です。

買い物の方法は、自分のスマホの画面にバーコードを表示して、お店の端末でスキャンしてもらう方法が一般的です。(お店のバーコードを読み取って金額を入力する方法もあり)

前提としてスマートフォンを持っていないと利用できませんが、ポイントが貯まったり、割引クーポンなどの特典もあります。




このように、クレジットカード・電子マネー、QRコード決済のいずれかは、ご自身の利用環境や好みによります。

キャッシュレス決済でお得なのはこの方法!

ファンクラブに入っている方や熱心なファンですと、1年間で結構な金額を楽天生命パークで消費すると思います。

球場いくとフードやドリンクが美味いですし、応援グッズもいいお値段しますからね。
そこで、少しでもお得になる方法をご紹介します。

それは、「楽天カード」と「楽天ペイ」を両方使う方法です!

具体的には、楽天カードを作り(持ってる方はそれでOK)同時に楽天ペイに加入します。楽天ペイの決済を楽天カードにすることで、両方にポイントが貯まっていきます。

お買い物は楽天ペイで行い(その段階でポイント加算)、その支払いを楽天カードにすれば決済分が楽天カードのポインとにもなるからです。

楽天のサービスは他にもいろいろ(楽天市場など)あって、ポイントが貯まりやすいのでおすすめですよ!

≫≫ 楽天カードの申し込みはこちら。
≫≫ 楽天ペイの使い方・申し込みはこちら。

キャッシュレス化がいい機会になると思います!

子供はお金の使い方の勉強になる?
うちにも小学生の子供がいるのですが、今シーズン観戦に行ったらエディカードに1,000円とか預けて、自分で考えて使わせてみようかと考えてます。

限られた予算でお金をいかに使うかの勉強になるし、これからの時代はもっとキャッシュレスが進むでしょうから、その経験にもなるでしょう。

現金よりお金の価値を感じにくくなるカードなので、使い方をいまから学ばせたいですよね。

人件費の削減で球団にもメリット?
買い物時間の短縮されればファンには便利ですが、球団(経営)側にも大きなメリットがあるでしょう。

キャッシュレス化で現場で働く販売スタッフは作業の手間がかなり減るはずです。つまり人件費が抑えれれることで、その分をよりよいサービスの拡充へ充ててもらえれば良いな、と思いますね!

まとめ

電子マネーやクレジットカードを持ってない人、またスマートフォン自体を持っていない方も大勢いらっしゃるので、困惑していることと思います。

しかし、あまり難しく考えず慣れてしまうとかなり便利です。楽天エディや楽天カードも一度作ればずっと使えますし、ポイントも意外とたくさん貯まってお得ですからね。

この期間にキャッシュレス化に慣れておくのも良いと思いますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年のバイト探しは!

グーグルマップ・ローカルガイド

引越し準備はお早めに!

ピックアップ記事

  1. アルバイトやパートで気軽に働きたいということなら、仕事の選択肢は広がります。その職種や業界の経験がな…
  2. 【総合病院・大病院】21施設 病院名 電話番号 住所 備考 仙台中江病院 0…
  3. 宮城・仙台の中心市である仙台では、四季を通じて様々なイベントや催事が開催されています。春夏秋冬それぞ…

Twitter やってます!

青葉区の観光スポット

大崎八幡宮
瑞鳳殿
宮城県美術館
仙台市博物館
・仙台市天文台
・作並温泉

青葉区イベント・行事

仙台初売り(1月)
・どんと祭(1月)
お花見・桜(3~4月)
・青葉まつりつり(5月)
・仙台七夕まつり(8月)
・ジャズフェスティバル(9月)
光のページェント(12月)

仙台市青葉区とは?


■ 仙台市青葉区の人口
 青葉区 310,047人
(仙台市1,088,669人)

■ 青葉区の世帯数
青葉区 151,127世帯
(仙台市510,545世帯)

公共施設連絡先




ブログランキング!


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ

ページ上部へ戻る